停滞期 ダイエット

ダイエットの最大の壁「停滞期」を乗り越えて目標を達成するために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットの最大の困難は厳しいトレーニングでも食事制限でもありません。最初の高いモチベーションを維持できずあきらめて辞めてしまうことです。あきらめてしまう原因の多くは体重が減らなくなってしまったということです。しかし実はダイエットをしていれば、必ずこの停滞期は訪れるものです。今回はダイエットの壁ともいえる停滞期についてご説明します。正しい知識を得て諦めることなくダイエットを成功させましょう♪

停滞期 ダイエット

 

 

ダイエットにおける停滞期

ダイエット 停滞期

ダイエットにおける停滞期には、

  • 少し食べただけで、体重が増加してしまう
  • 突然体重が減らなくなってしまう
  • ダイエット方法を変えても体重が減らない

などの症状が出ます。しかしこの症状はダイエットをしていれば、誰もが通る壁です、いわばダイエットが成功している証拠とも言えますので、ここで諦めてダイエットを止めないようにしましょう(`・ω・´)

この症状は人間に備わっている命を守るためのホメオスタシスという機能が関係しています。このホメオスタシスは身体の変化に対して身体の内部状態を一定に保とうとする働きがあります。例えば、人間が暑い時には汗をかいて体温を下げるようにする機能に代表されます。ダイエットで効果が表れて、減量が始まると、飢餓などの危険な状態だと身体が思い込み、栄養分を身体にため込むようになります。この状態になると、体重も体脂肪も減ることがなくなります。むしろ以前と同じ量を食べても今までよりもエネルギーを蓄積するようになり、太りやすくなります。この時期はダイエットを諦めやすくなってしまうばかりか、諦めるとリバウンドをしやすい状態になります。

 

停滞期を乗り越えるために

停滞期 乗り越えるために

このホメオスタシスが機能し始めるのは、人によってそれぞれ異なります。体重が減り始めたら、ダイエットは確実に効果が出ているので、諦めないようにしましょう。またこの時期に効果が見えないからといって、さらに厳しい食事制限やトレーニングを行うのも逆効果ですのでしないようにしましょう。停滞期間は、大体2週間~1か月で終わります。この期間を脱したらまた体重は減少していきます、ホメオスタシスの症状が現れたらダイエットが成功している証拠だと前向きにとらえて乗り切るようにしましょう。この時期を乗り切るためのポイントは、

今までのメニューをキープ

今まで行ってきたダイエットが効果的だからこそ、体重が減らないという症状があらわれます。今までのダイエットメニューもこの期間も継続するようにしましょう。

一人でドカ食いはしない

ホメオスタシス状態を脱する方法として、実は単発的に大量に食事を摂取するという方法があります。大量に食事を摂取することで、脳の飢餓状態にあるという認識を解くことができ、ホメオスタシスが解除されるのです。ただ、この方法は、諸刃の剣で一人で行うと歯止めが効かなくなる恐れがあります。実践する際には、一人では決して行わず、専門のトレーナーの方の指導のもと行うのが良いでしょう。

 

まとめ

停滞期 まとめ

ダイエットを行っていれば必ず停滞期が訪れます。その時に停滞期のことを知っているのと知らないのとでは、その後のダイエットの結果は大きく変わってくることでしょう。特に大幅な減量を目標としている方でしたら、この停滞期は何度か訪れることになります。もし分かっていても、この停滞期を乗り越えるのが難しそうな場合には、ダイエットジムに頼るのが良いでしょう。ダイエットジムのトレーナーの方というのは、ダイエットのことに関してスペシャリストで、当然このホメオスタシスのことも熟知しています。停滞期のことを考慮したダイエットプログラムなども用意してくれますが、ダイエットを経験したことのあるトレーナーの方を選べば、この時期のつらさなども知っていることでしょうからなおよしです。また女性の方の場合ですと、停滞期の他に、生理前生理後は体重が減りにくくなりますので、そういったことを理解してくれる女性のトレーナーを選ぶのが良いでしょう。ダイエットにはいくつも乗り越えなくてはいけない壁がありますが、一つ一つ目標に向かってあきらめずに乗り越えていきましょう(^^♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


料金・設備・トレーナー・コスパから徹底比較


おすすめ記事