ウォーキング はじめに

簡単♪お手軽♪ウォーキングダイエット!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキングダイエットというダイエット方法を聞いたことがあるでしょうか、今初めて聞いた方は、そんな簡単に痩せられるはずがないと思ったことでしょう。ですが、このウォーキングダイエット、決まりを守ったうえで、行えば必ず効果は表れるんです(^^♪さらに驚くべきはウォーキングダイエットにはダイエット以外にも驚くべき効果が隠されていました。今回はそんなウォーキングダイエットについてご紹介していきます♪

ウォーキング はじめに

 

 

ウォーキングダイエットとは

ウォーキングとは

ウォーキングダイエットとはその名の通り、有酸素運動であるウォーキングを定期的に行うことで、体重を減らそう、というダイエット方法です。ただ、このダイエットで効果を出すうえで、押さえなくてはならないポイントがありますので、しっかり覚えておきましょう。

ウォーキングダイエットの方法

3か月は続ける

ウォーキングはほかの運動と比べると、消費カロリーが低い運動なため、短期間では効果が表れにくいものとなります。そのため3か月以上という長期のスパンで効果が表れるのを待つようにしましょう。3か月もやるなら違う運動の方がいいのではないか、と思うかもしれませんが、このダイエットの最大の特徴は、器具も使わない、食事制限もない、身体に大きな負担もかからないという手軽さにあります。手軽なので、ダイエットに最も必要な継続も容易です。長い目で見ると、ハードなトレーニングや食事制限と比べると効果的なので、続けてみるようにしてください。

週に3回以上を行う

この目的は運動を習慣化させることです。ここで注意したいのが、やりすぎもよくないということです。ダイエットに対してのやる気がある最初だけたくさん行うようにしても、けがにつながったり、続かなかったりして結局失敗してしまうので、負担にならない程度の回数をこなして、習慣化するようにしましょう。

20分以上行う

有酸素運動において脂肪が燃焼されるようになるのは、運動を始めてから20分経ってからです。20分未満の運動では脂肪が燃焼されないわけではないですが、脂肪の燃焼効率が良くなるので、有酸素運動を行う際は、20分以上の運動を行うと効果的です。歩く速さやフォームによって、消費カロリーは変わってきますが、一回のウォーキングで、3~5キロほど歩くことを目標に行ってみてください。

 

ウォーキングダイエットの知られざる効果

ウォーキングダイエット 美容

ホルモン分泌ですべすべ肌に

ウォーキングを行うことで、免疫細胞が活性化され、肌荒れ、小じわ、くすみなどを防止する機能が高まります。また女性ホルモンの分泌が高まり、肌や髪に潤い、ハリが生まれます。ダイエット効果と合わせて、美容にも効果があるのは、女性にとっては非常にうれしいのではないでしょうか(^^♪

頭の回転が良くなる

ウォーキングに限ったことではありませんが、有酸素運動を行うことで、身体の隅々に新鮮な血液と酸素が行き届き、脳が活性化します。ですので、ウォーキングを仕事前や学校前の朝行うと生産性が高まるでしょう。

 

まとめ

ウォーキング まとめ

ウォーキングダイエットで重要なことは決して焦らないことです、焦らず継続してウォーキングを行っていれば、おのずと結果はついてきます。ウォーキングは手軽に始めることができますが、習慣づけることが難しいという方は、最初は普段使う駅の手前で降りて歩いて帰るようにしたり、近くのスーパーやコンビニに行く際は、歩いていくようにしたりすることで、だんだん歩くということが意識づくようになるでしょう。そうしたら、毎朝1時間早く起きて歩くようにすると、無理なく続けることができるようになるのではないでしょうか。ダイエットの中でも一番、二番くらいに手軽に始められるので、今まで食事制限や厳しいトレーニングのダイエットが続かなかった方はぜひ挑戦してみてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


料金・設備・トレーナー・コスパから徹底比較


おすすめ記事